茶色いニキビ跡はもう消えないものなのか

茶色いニキビ跡はもう消えないものなのか

せっかくニキビが治ったと思ったら、その部分に茶色いシミができてしまっていることがあります。

 

それは、シミではなく、正式には色素沈着型のニキビ跡になります。色素沈着型のニキビ跡は、メラニン色素によって引き起こされています。だからといって、メラニン自体が悪さをしているわけではないのです。メラニンそのものは、肌の炎症(ニキビ等)や紫外線により肌が刺激を受けた際に、皮膚を守るために生成されています。

 

 

ただ、肌の真皮を守るために生成されたメラニンは、その役割を終えると通常は肌のターンオーバーに合わせて消えていくのですが、たまたまターンオーバーがうまくいっていない場合にメラニンが肌に残ってしまい、それが茶色い色素沈着になってしまうのです。

 

 

それでは、茶色いニキビ跡はもう消えないものなのでしょうか。

 

 

いえ、そのようなことはありません。肌のターンオーバーが正常に行われるようになれば、茶色い色素沈着は徐々に消えていくのです。肌のターンオーバーが正常に行われていない原因としては、睡眠不足などの不規則な生活や偏った食事内容、運動不足などが考えられます。思い当たることがあれば、その生活習慣及び食生活を改善するだけでもターンオーバー改善に効果があります。

 

 

また、紫外線を浴びることでターンオーバーが必要以上に活性化してしまい、肌の細胞が未熟なうちにターンオーバーが起こることで、メラニンが剥がれ落ちずに残ってしまうこともあります。そうすると、肌の新しい角質も不完全な状態になるため、肌を守る機能が低下し、肌荒れや感想が起こりやすくなってしまうという悪循環に陥りやすくなります。

 

 

そのため、夏場だけではなく通年にわたって、美肌のためには紫外線対策は重要になるのです。

 

色素沈着型ニキビ跡を解消するために、自宅でできるケアがあります。まずは、紫外線対策をばっちりすることです。

 

 

次に、美白効果のある基礎化粧品を使うことも効果があります。特に、ビタミンCそのものを肌の奥まで安定して届けることのできるビタミンC誘導体が含まれた化粧品が効果的です。ビタミンcには、肌のターンオーバーを促し、メラニンの生成を抑える働きがあるため、化粧品だけではなく、食べ物でも積極的にビタミンCを含む食品をとることも、色素沈着型ニキビ跡の解消には大切なことになります。